スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒーリングエンジェルシンボルセミナー@東京目黒

今年1月末に発売された「ヒーリングエンジェルシンボル」。
おかげさまで、全国津々浦々から興味・関心のある方からのお問い合わせをいただいております。

カードとセットになっている本は既にとても詳しい使い方のインストラクションになっていますが、
色んな使い方が他にもあり、また、欧州では発売から10年が経過しているので、
一つ一つのシンボルに関する情報・体験談が蓄積されています。

私・高橋ともえは、ヒーリングエンジェルシンボルの翻訳者であり、
2010年にイングリット・アウアーさんのもとで3部構成のセミナーを修了した、
日本初・唯一のヒーリングエンジェルシンボルプラクティショナーであり、
イングリットさんの会社・リヒトプンクト社の日本におけるCooperation Partner(協力パートナー)です。

今回のセミナーでは、主としてヒーリングエンジェルシンボルのカードと本を使ったワークを中心に、
イングリットさんの人となり、現在の仕事状況、
また、日本未発売のカードセットや他のプロダクツなどもご紹介したいと思っています。

少人数(6人)のお茶会形式で、ゆっくりと皆さんとお話をしながら、
日本ではまだまだ知られていないこのエンジェルグッズの魅力をお伝えしていきます☆

-----------------

♪ヒーリングエンジェルシンボルセミナー@目黒♪
日時:
第1回目 4/8(日) 14時~16時
第2回目 4/11(水) 19時~21時

参加費:
各回ともに2000円(事前予約・振込制)

場所:
東急東横線学芸大学駅から徒歩3分
目黒区鷹番住区センター 2F和室

定員:
各回6名

(3月24日現在、満員御礼)


お申込み・お問い合わせ:
info★heartstrings.ocnk.netにお願いします。(★を@にかえてください)
お申込み後、参加費の支払いをもって予約確定とさせていただきます。
参加費は、お伝えする銀行口座(ゆうちょまたは三菱東京UFJ)のいずれかにお振込願います。
(振り込み手数料は恐れ入りますがお客様負担にてお願いします)

持ち物:
ヒーリングエンジェルシンボルの本&カードセット(当日は購入できませんの予めお持ち下さい)
ペンジュラム(お持ちの方のみで結構です)

※キャンセル規定:
※お申し込み後1週間以内にご送金ください。
※キャンセルされる場合、3日前までは振込み手数料をのぞく全額をお返しします。2日前までは振込み手数料をのぞく半額をお返しします。
1日前~当日はキャンセル料として全額ちょうだいいたします。

ここがポイント:
★日本未発売のカードセットのご紹介・割引販売(例:ドイツ語のカードのみのセットが2000円にてお求めいただけます)
★イングリットさんがおすすめしているペンジュラムを使った効果的な使い方のご紹介
★プロテクションサークルの作り方・置き方の疑問にお答えします
★あのシンボルにこんな効果が!?という意外な情報をご紹介
★その他、事前に質問がある場合は、イングリットさんに確認してから回答いたします

以上

テーマ : オラクルカード
ジャンル : 心と身体

プロフィール

高橋ともえ

Author:高橋ともえ
2012年1月末に発売された『ヒーリングエンジェルシンボル』の翻訳者・高橋ともえです。

ヨーロッパのドイツ語圏で10年以上にわたって大ベストセラーになっている、イングリット・アウアー(Ingrid Auer)さんのエンジェルシンボルの日本での普及のために、使い方の紹介やワークショップのお知らせなどを行っていきます。

にほんブログ村 健康ブログ セルフケアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ エンジェルセラピーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

リンク
メルマガ
イングリット・アウアー エンジェル&マスターシンボルに関する日本向け最新の情報を発信するメルマガです。登録は無料です♪
【無料メール講座】エンジェルグリーフワーク
エンジェルグリーフワーク~喪の悲しみを癒し、変容するために・・・
登録  解除
メールアドレス(必須)
名前(必須)
エンジェルシンボル掲示板
エンジェルシンボルの使用者の方の交流のための掲示板です! エンジェルシンボルを使用したワークやイベントに限り商用宣伝も可能です。
検索フォーム
Amazonへのリンク
Amazonで買えるイングリット・アウアーのカード&本です!
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。